gpg公開鍵のエクスポート

前回はペアとなる鍵の作成を行いました。
今回は作成した公開鍵を相手に渡すためにExportする方法を書いていきます。

 
まずは前回作成した鍵がきちんと作成されているかどうか確認しましょう。
公開鍵の確認
gpg --list-keys

/home/xxxxxx/.gnupg/pubring.gpg
---------------------------------
pub   2048R/654D5DA9 2016-05-24
uid                  SOOOTA (gpgで暗号化と復号化) 
sub   2048R/B930FC60 2016-05-24

秘密鍵の確認
gpg --list-secret-keys

/home/xxxxxx/.gnupg/secring.gpg
---------------------------------
sec   2048R/654D5DA9 2016-05-24
uid                  SOOOTA (gpgで暗号化と復号化) 
ssb   2048R/B930FC60 2016-05-24

表示されていれば、きちんと鍵が作成されています。
作成されていない場合は、何かしら手順が間違えたか、していますので鍵を再作成してみましょう。
作成方法についてはここからどうぞ。

さて、今度は作成した鍵を相手方にインストールしてもらう必要があります。
作成した公開鍵を公開するためには鍵サーバに登録し、そこから鍵を取得してもらう方法はあるのですが、ここではキーペアとして公開鍵を相手方に直接渡す方法を記載していきます。

作成した公開鍵はエクスポートすることができます。
gpg -o sooota_pub --export SOOOTA

-oオプションは出力する鍵のファイル名
--exportオプションは言葉通りエクスポート

-oオプションは任意ですが、指定してきちんとpubをつけるなど、公開鍵として分かりやすい名前にしておいたほうが良いでしょう。
コマンドを実行すると実行したディレクトリ配下に公開鍵がエクスポートされます。

sooota_pubが作成されていたら、公開鍵のエクスポートは完了です!
エクスポートした公開鍵を相手方に送りましょう!!

ちなみにですが、秘密鍵も同様な手順でエクスポートすることができます。

次回は相手に送った公開鍵をインストールする方法を記載します。
 

ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村