cronの設定

cronの設定ファイル

全ユーザ毎の自動タスク設定ファイル
crontab -eでcronに登録すると/var/spool/cron配下にcron登録したユーザの名前でファイルができます。

例えば、soootaユーザ(一般ユーザ)でcronを設定するとユーザの名前のファイルが作成されます。

 
# ll /var/spool/cron/
合計 4
-rw------- 1 sooota sooota 23  8月  6 12:30 sooota
 

中身を開くと

# cat sooota 
*/1 * * * * echo test

と行った具合に設定した内容がそのまま格納されています。

ちなみにですが、crontab -ru sooota
を実行すると上述した設定ファイルは削除されます。

cronログのローテートについて
cronログのローテートは/etc/logrotate.confで設定されています。
logrotate.conf内で/etc/logrotate.dをディレクトリごとincludeしてます。

# cat /etc/logrotate.conf

# see "man logrotate" for details
# rotate log files weekly
weekly   ⇦ローテートの間隔

# keep 4 weeks worth of backlogs
rotate 4   ⇦世代管理

# create new (empty) log files after rotating old ones
create

# use date as a suffix of the rotated file
dateext

# uncomment this if you want your log files compressed
#compress

# RPM packages drop log rotation information into this directory
include /etc/logrotate.d   ⇦ここでディレクトリ毎includeしてる

# no packages own wtmp and btmp -- we'll rotate them here
/var/log/wtmp {
    monthly
    create 0664 root utmp
	minsize 1M
    rotate 1
}

/var/log/btmp {
    missingok
    monthly
    create 0600 root utmp
    rotate 1
}

# system-specific logs may be also be configured here.

includeしている/etc/logrotate.dディレクトリ配下にsyslogファイルが置いてあり、ここでローテートを行うsyslogが定義されています。
# cat /etc/logrotate.d/syslog

/var/log/cron   ⇦cronが定義されている。
/var/log/maillog
/var/log/messages
/var/log/secure
/var/log/spooler
{
    missingok
    sharedscripts
    postrotate
	/bin/kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
    endscript
}

次回はcronログの見方を書いていきます。
 
 

ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村