よく使うdstatのオプション

この前ちょっとした負荷状態を図るために、dstatを使用し、リソース監視を行いました。
dstatが改めて便利に感じましたので、よく使うオプションとともに記載していきます。

 contents

  1. よく使うdstatのオプション  ⇦今ここ
  2. dstatのオプション1
  3. dstatのオプション2

 
まずdstatとはサーバのリソースを監視するコマンドになります。

通常リソースを監視するときはtopやvmstatなどのコマンドで監視を行いますが、
dstatを使うとコマンド1つで監視が簡単に行うことができます。

検証端末はCentOS 7.2です。
OSインストール直後はdstatはインストールされていないため、yumでインストールする必要があります。

sudo yum install dstat

dstat
オプションなしだと以下のように表示されます。

 
----total-cpu-usage---- -dsk/total- -net/total- ---paging-- ---system--
usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw 
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 426B  158B|   0     0 |  60   110 
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 366B  838B|   0     0 |  55   107 
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 652B  350B|   0     0 |  56   105 
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 480B  350B|   0     0 |  64   112 
  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 306B  350B|   0     0 |  56   110 
 

オプションの組み合わせで様々なリソース情報が表示できます。
おすすめは私が頻繁に使うオプションで-tamです
dstat -tam
次のように表示されます。

 
----system---- ----total-cpu-usage---- -dsk/total- -net/total- ---paging-- ---system-- ------memory-usage-----
     time     |usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw | used  buff  cach  free
18-04 01:48:24|  0   0 100   0   0   0|   0     0 |   0     0 |  48B 1102B|  42    72 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:25|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 480B  102B|   0     0 |  45    78 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:26|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 486B 1166B|   0     0 |  43    69 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:27|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 492B  924B|   0     0 |  43    79 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:28|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 306B  462B|   0     0 |  50    85 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:29|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 546B  462B|   0     0 |  42    68 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:30|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 474B  462B|   0     0 |  56   102 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:31|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 486B  462B|   0     0 |  56   101 | 751M    0   136M  106M
18-04 01:48:32|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 306B  462B|   0     0 |  61   111 | 751M    0   136M  106M
 

オプション
-t : システム時刻
-a : よく使うコマンドの組み合わせ
 (CPU、ディスク、ネットワーク、ページの入出力、システムの状態を表示)
-m : メモリ使用量

他には以下のオプションも使用したりしています。
dstat -ta --top-cpu

 
----system---- ----total-cpu-usage---- -dsk/total- -net/total- ---paging-- ---system-- -most-expensive-
     time     |usr sys idl wai hiq siq| read  writ| recv  send|  in   out | int   csw |  cpu process   
30-04 01:26:18|  0   0 100   0   0   0| 778B 1372B|   0     0 |  15B  381B|  41    71 |mysqld       0.0
30-04 01:26:19|  0   0 100   0   0   0|   0     0 | 306B  102B|   0     0 |  75   135 |dbus-daemon  0.5
30-04 01:26:20|  1   0 100   0   0   0|   0     0 | 360B 1062B|   0     0 |  78   124 |                
30-04 01:26:21|  0   1 100   0   0   0|   0     0 | 360B  414B|   0     0 |  78   135 |                
30-04 01:26:22|  1   0 100   0   0   0|   0     0 | 366B  406B|   0     0 |  76   128 |xfsaild/dm-0 0.5
30-04 01:26:23|  0   0 100   0   0   0|   0    17k| 480B  406B|   0     0 |  76   131 |          
 

オプション
-t : システム時刻
-a : よく使うコマンドの組み合わせ
(CPU、ディスク、ネットワーク、ページの入出力、システムの状態を表示)
–top-cpu : cpuの使用率が高いプロセスを表示

dstat -tlaf 1

 
----system---- ---load-avg--- -------cpu0-usage--------------cpu1-usage------ --dsk/sr1-----dsk/vda-- --net/eth0- ---paging-- ---system--
     time     | 1m   5m  15m |usr sys idl wai hiq siq:usr sys idl wai hiq siq| read  writ: read  writ| recv  send|  in   out | int   csw 
08-05 12:04:56|   0 0.01 0.05|  0   0 100   0   0   0:  0   0 100   0   0   0|   0     0 : 596B 1187B|   0     0 |  10B  267B|  42    72 
08-05 12:04:57|   0 0.01 0.05|  0   0 100   0   0   0:  0   0 100   0   0   0|   0     0 :8192B  640k| 294B  102B|   0     0 |  74   132 
08-05 12:04:58|   0 0.01 0.05|  0   0 100   0   0   0:  0   0 100   0   0   0|   0     0 :   0     0 | 360B 1996B|   0     0 |  65   114 
08-05 12:04:59|   0 0.01 0.05| 20   2  78   0   0   0:  2   0  98   0   0   0|   0     0 :   0     0 |2487B 1958B|   0     0 | 484   456 
 

オプション
-t : システム時刻
-l : ロードアベレージ
-a : よく使うコマンドの組み合わせ
(CPU、ディスク、ネットワーク、ページの入出力、システムの状態を表示)
-f : CPU、Disk、ネットワーク等をデバイス毎に展開して表示
1 : 1秒ごとに表示

ちょっと負荷検証とか、リソース監視に使えますので、使ってみてください。
他にもオプションはありますが、次回にまた記載したいと思います。
 

ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村