dstatのオプション2

dstatのオプションの後半に入っていきます。
dstatの前半はここ

 contents

  1. よく使うdstatのオプション
  2. dstatのオプション1
  3. dstatのオプション2  ⇦今ここ

 
前半は主に基本のオプションを記載しました。
後半はちょっと長いオプションを中心に記載していきます。

--ipc : プロセス間通信の状態を表示
例:dstat --ipc

 
--sysv-ipc-
msg sem shm
  0   8   2
  0   8   2
  0   8   2
 
 msg : メッセージキュー
 sem : セマフォ
 shm : 共有メモリ
 

--lock : ファイルのロック状態を表示
例:dstat --lock

 
---file-locks--
pos lck rea wri
 31 3.0   0  34
 31 3.0   0  34
 31 3.0   0  34
 
 pos : POSIXロック数
 lck : flock()でのロック数
 rea : 読み込みロック数
 wri : 書き込みロック数
 

--fs : ファイルシステムの状態を表示
例:dstat --fs

 
--filesystem-
files  inodes
 1536  25422 
 1536  25422 
 1536  25422 
 
 files : 開かれているファイル数
 inodes : 開かれているノード数
 

--tcp : TCPの状態を表示
例:dstat --tcp

 
----tcp-sockets----
lis act syn tim clo
  7   1   0   1   1
  7   1   0   1   1
  7   1   0   1   1
 
 lis : 待ち受け状態数
 act : ACTIVE状態数
 syn : SYN状態数
 tim : TIME WAIT状態数
 clo : CLOSE状態
 

--udp : UDPの状態を表示
例:dstat --udp

 
--udp--
lis act
 29   0
 29   0
 29   0
 
 lis : 待ち受け状態数
 act : ACTIVE状態数
 

--unix : UNIXドメインソケットの状態を表示
例:dstat --unix

 
--unix-sockets-
dgm str lis act
 22 134  34 100
 22 134  34 100
 22 134  34 100
 
 dgm : datagrame数
 str : stream数
 lis : listen数
 act : active数
 

--vm : 仮想メモリの状態を表示
例:dstat --vm

 
-----virtual-memory----
majpf minpf alloc  free
   0    25    13    13 
   0    12     3     2 
   0     0     2     2 
 
 majpf : 物理メモリ上にロードされなかった回数
 minpf : 物理メモリ上にロードされた回数
 alloc : 空きメモリに割り当てた回数
 free : メモリを解放した回数
 

うーん、こう見ると後半の長いオプションはあまり使用頻度が少ないかもしれませんね。。。

付録としてdstatについてちょっとだけ
dstatの中身はpythonで作成されています。
実際にインストール先のディレクトリにはdstat.pyがあり、dstatを実行するとdstat.pyが実行されます。

インストール先ディレクトリ内を見ると他にもpythonファイルが見えます。これらは外部プラグインとして実行することができます。
dstat_の先を–とし、_を-、そして.pyを取ったものがそのままオプションとなります。

例:dstat_top_mem.pyの場合
dstat --top-mem

 
--most-expensive-
  memory process 
mysqld       107M
mysqld       107M
mysqld       107M
 

といった具合に実行することができます。
dstatのインストール先ディレクトリをlsすると 

 
$ cd /usr/share/dstat
$ ls *.py
dstat.py                 dstat_innodb_io.py      dstat_power.py            dstat_top_int.py
dstat_battery.py         dstat_innodb_ops.py     dstat_proc_count.py       dstat_top_io.py
dstat_battery_remain.py  dstat_lustre.py         dstat_qmail.py            dstat_top_io_adv.py
dstat_cpufreq.py         dstat_memcache_hits.py  dstat_rpc.py              dstat_top_latency.py
dstat_dbus.py            dstat_mysql5_cmds.py    dstat_rpcd.py             dstat_top_latency_avg.py
dstat_disk_tps.py        dstat_mysql5_conn.py    dstat_sendmail.py         dstat_top_mem.py
dstat_disk_util.py       dstat_mysql5_io.py      dstat_snooze.py           dstat_top_oom.py
dstat_dstat.py           dstat_mysql5_keys.py    dstat_squid.py            dstat_utmp.py
dstat_dstat_cpu.py       dstat_mysql_io.py       dstat_test.py             dstat_vm_memctl.py
dstat_dstat_ctxt.py      dstat_mysql_keys.py     dstat_thermal.py          dstat_vmk_hba.py
dstat_dstat_mem.py       dstat_net_packets.py    dstat_top_bio.py          dstat_vmk_int.py
dstat_fan.py             dstat_nfs3.py           dstat_top_bio_adv.py      dstat_vmk_nic.py
dstat_freespace.py       dstat_nfs3_ops.py       dstat_top_childwait.py    dstat_vz_cpu.py
dstat_gpfs.py            dstat_nfsd3.py          dstat_top_cpu.py          dstat_vz_io.py
dstat_gpfs_ops.py        dstat_nfsd3_ops.py      dstat_top_cpu_adv.py      dstat_vz_ubc.py
dstat_helloworld.py      dstat_ntp.py            dstat_top_cputime.py      dstat_wifi.py
dstat_innodb_buffer.py   dstat_postfix.py        dstat_top_cputime_avg.py
 

結構な数の外部プラグインが用意されています。
pythonがわかる人なら自分で独自にオプションも作成できそうです。

SOOOTAは大昔にpythonを使用して正規表現でaccessログの解析処理を行う程度のものは作成しましたが、
なかなか癖があるため、ちょっと苦手ですw

後半はこんなところでおしまいにしたいと思います。

ここまで見ていてただきありがとうございます。感謝感謝。
 

ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村