実験!memory消費量

ここでviewmoreless使用時のmemory消費量がいかほどなものか実験してみたいと思います。
まず、400MBほどのファイルを用意します。
中身は単純なテキストです。

さて、これをそれぞれのコマンドで開き、その時のプロセスのmemory消費量を計測します。
実験を行う環境のmemoryは

であるため、1GBほどになります。

コマンドはpsauxを使用していきます。
見方はUSER PID %CPU %MEM VSZ RSS TTY STAT START TIME COMMANDです。
まずはviewから

4番目のmemory使用率をみてください。
48%使用していることから約500MBものメモリを消費していることがわかります。
CPUも7%とリソース的にあまりよろしくありません。

次にmoreです。

memory使用率は0.0%とほとんど使われていないということがわかります。

最後にlessです。

こちらもmoreと同様にmemory使用率は0.0%とほとんど使われていません。

ふとここで、lessで画面を沢山読み込んだ場合のmemory使用率はどうなるのか?という疑問が起きました。
ということで検証です。
検証方法は、lessでスペースを押して1画面ずつを大量に読み込み、その時のリソース状況を確認する。

やってみた結果がこちら

memoryは変わらず0.0%と全然使われておらず、データを読み込んでいるせいかCPUが若干上がりました。
CPU性能はレンタルサーバのvCPUを使用しているので、性能面で測ることができませんが、その程度です。

リソース状況的には、viewはmemoryを沢山使い、more、lessはほとんど使われないため、大きなファイルを読み込む時はmore、lessを使用しないと危険ということがわかります。

次はlessの便利なオプションを紹介していきます。
 

ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村